金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

そして、5つのメインコンテンツに加えて、さらに...5つのコンテンツだけでも十分すぎるほどのボリュームとクオリティですが、僕は自称「ボーナスを付けすぎる男」です。

 

持ち前のサービス精神で、嫌がる原田翔太を半ば強引に、ボーナス作りに協力させました。

 

もちろん、「ボーナス」だからといって、手を抜いているわけではありません。

 

教材と同じクオリティ、同じ情熱を持って、これらのボーナスコンテンツを作っています。

 

もったい付けても仕方がないので、早速、ボーナスコンテンツの紹介をしましょう。

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

FacebookやTwitterの流行により、「ソーシャルメディア」という言葉が、「SNS(ソーシャルネットワークサービス)」よりも一般的になりつつある昨今ですが、

 

昔、昔、メルマガ馬鹿やブログ馬鹿、Mixi馬鹿などがいたように、時代は繰り返し、ソーシャルメディア馬鹿というものが急増しています。

 

見ているだけで痛い彼らですが、要するに、たった1つの「戦術」に頼って、スパマー化してしまっている奴らのことを、属に「馬鹿」と呼びます。

 

例えば、「イベントに招待します」という機能がFacebookにはあるのですが、これを使って、関係のない人にまで手当たり次第招待状を送り、実際にアクセスして見ると、実は有料、など、馬鹿としか表現出来ないような行為を繰り返していたり、

 

他にも、他人のウォールに勝手に挨拶や、自分のFacebookページの案内を投稿したり、Twitterに至っては、自動ツールを使って、同じつぶやきを毎日のようにループさせて、商品を売り込んでいたり、と。

 

馬鹿は相当痛い行為を繰り返し、ソーシャル(社交場)を荒し回っています。

 

これでは、誰も幸せにならこれでは、誰も幸せにならない。

 

誰の得にもならない。

 

=結果が出ない(誰も巻き込まれない)

 

こんなビジネスの「ビ」の字の濁点にすらならないほど、基本的な間違いを犯す人が急増していることに、僕らは少なからず危機感を覚え、何より、気持ちの悪さを感じています。

 

そこで、「本当のソーシャルメディアの使い方」を、この機会にお伝えしたいと思い 立ったのです。

 

ソーシャルメディアは正しく使えば、非常に大きな結果を生み出しますし、スモールビジネスにとっては、絶対に外すべきではないメディアへとなっています。

 

「ソーシャルメディアなしに、ネットは語れない」

 

こんな時代が、もうすぐそばまでやって来ているのです。

 

僕らは実際に、国内外問わず、ソーシャルメディアの動きをつぶさにチェックし、数々の成功事例を、「創発」の時期からウォッチして来ました。

 

どうすればうまく活用出来るのか?

 

ソーシャルメディアで何をしなければならないのか?

 

ハウツーから、マインドセットまで、現時点での僕ら2人のソーシャルメディア活用法の答えをこの音声では公開しています。

 

ぜひ、正しい使い方を学んで、大きな結果へと繋げてください。

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

「自分の強みは何か?」

 

あるいは、

 

「自分の商品やビジネスの強みは何か?」

 

この答えが、あなたのビジネスの成功の鍵になることはご存知でしょうか?

 

USP、コンセプト、差別化、言葉は何でもいいですが、とにかく何かの強みを逸早く見つける、あるいは作ることが、ビジネスを発展させる為には必要不可欠です。

 

これは、「○○に特化する」などと言った、表面的な問題ではなく、そもそも、根本的にあなたの存在、そのビジネスの存在意義を定義するということです。

 

存在意義の定義されていないものは、時代の流れに流され、埋もれ、誰の記憶にも残らない、ちっぽけな出来事となってしまいます。

 

そもそもの存在意義、そして、その意義の適切な表現方法、この2つが明確になれば、あなたのビジネスの「レバレッジを極限まで利かせるポイント」が見えて来ます。

 

レバレッジとは何にでも利かせればいいものではなく、強みに、効果的に、適切に、利かせなければならないものです。

 

例えば、お金を持っていないのに、お金のレバレッジを利かせようとしたり、人材がいないのに、人的レバレッジを利かせようとすることは、愚行としか言えない、ということです(資金力や組織力も強みの1つです)。

 

そもそも、持ってないものにレバレッジは利かせられない。

 

このボーナスでは、僕と原田翔太の2人で、あなたの強みを0から見つけ、そして、効果的に、適切にレバレッジを利かせて、その強みを何十倍にも増幅させ、ありえない結果を出す方法を語りました。

 

この音声を聞いて、あなたのビジネスの本当のレバレッジの利かせ方を学んで下さい。

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

プロジェクトの成功は、設計段階で決まるものです。

 

「何を目指し、どのように目標を達せいするのか?」

 

この全てが、「設計図」には書き記されています。

 

僕らが何かプロジェクトを企画し、実行して行くとき、まず最初に作るものは、設計図です。

 

当然、創造的破壊プロジェクトにも、全ての計画が書き記された設計図があります。

 

これは完全に内部資料なので、表に出ることは絶対にないのですが、今回は特別に、僕らがどうやって創造的破壊プロジェクトを設計し、何を目指しているのか?というある意味、僕らの考えを全て丸裸にした情報をボーナスとして付けることにしました。

 

全ての計画は、1枚のマインドマップとしてまとめられ、創造的破壊プロジェクトという、壮大な計画の全貌を知ることが出来ます。

 

「創造的破壊プロジェクトの真意は何ですか?」

 

こんなことを僕らはしょっちゅう聞かれるわけですが、これを見れば一目瞭然。

 

僕らが「3年間」という時間を費やし、作り上げようとしている計画の全てと、裏側を知ることが出来ます。

 

全てが記された1枚のマインドマップと僕ら2人の解説音声。

 

これだけで、大げさでもなんでもなく、1億や2億の価値は余裕であるはずです。

 

僕らが実際に数億円を稼ぎ出す為に考えた計画の設計図が手に入るわけですから...

 

 

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

ここまで紹介したすべてをまとめると、
メインコンテンツとして...

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

以上の5つのコンテンツを。

 

そして、ボーナスコンテンツとして...

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

以上の3つのコンテンツを。

 

合計8つのコンテンツが、リストビルディング大百科には含まれます。

 

いかがでしょうか?

 

リストビルディング大百科は、あなたにとって最高の教材だと言えるのではないでしょうか?

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

質問です。

 

少し意地悪な質問ですが、

 

「あなたなら、この教材をいくらで売りますか?」

 

自分が販売者だったとして、あるいは、僕らのプロデューサーだとすれば、
一体いくらでこの教材を売るでしょう?

 

少し考えてみて下さい。

 

LBMSの参加費と同じ2万円?

 

いや、ボーナスも色々追加されているから3〜4万円?

 

いやいや、和佐大輔と原田翔太の研究してきたメソッド、
しかも、融合することによってさらに強力となったメソッドが手に入るなら、5万円でも安い。

 

まあ、色々な意見があると思います。

 

答えを言いますが、

 

リストビルディング大百科の値段は、

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

です。

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

「はっ??????」

 

と目を疑うかもしれませんが、リストビルディング大百科の値段は、
9,800円です。

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

リストビルディング大百科で語っていることは、間違いなく今後数年間でスタンダードとなるでしょう。

 

そう。

 

これは、新しいスタンダードなのです。

 

だから、これを読んでくれているあなたには、100%確実に手に入れて欲しいと思っています。

 

とはいえ、無料で公開するのはまた違う問題です。

 

本気でない人間にまで僕らの考えを押し付けるつもりはありませんし、無料で大量に配ったところで、結局、実際に生かせる人は本気の人だけです。

 

9,800円も惜しむような人には、手に入れて欲しくない、ということです。

 

「今だけ」だと言いましたが、この教材の定価は、

 

29,800円

 

と、決めてあります。

 

9,800円で購入出来るのは今だけですので、注意して下さい。

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

多くの同業者は、僕らのことを「バカ」と呼びます。

 

もちろん、「馬鹿」とは別の意味の「バカ」ですが、僕らに取ってこの言葉は褒め言葉でしかありません。

 

如何に人がやらないことをやるか。
如何に人を驚かせることをやるか。
如何に人が出来ないことをやるか。
如何に遊び心を持って行動出来るか。

 

これが、僕らの信念ですし、人を巻き込む為には必要不可欠な感覚だと思うのです。

 

「創造的破壊」...僕らは、和佐大輔と原田翔太の活動をこう名付けました。

 

これは、僕らの悪ふざけであり、バカ騒ぎであり、サプライズであり、革命であり、怒りであり、逆襲であり、願いであり、夢であり、何より愛なのです。

 

バカだと人に言われることを、本気でやること。

 

どうでしょう?

 

巻き込まれ甲斐のあるプロジェクトだとは思いませんか?(笑)

 

ビジネスは楽しくなければ。
ビジネスはワクワクしなければ。
ビジネスは夢を現実にするものでなければ。

 

この信念を貫いて、バカと呼ばれるならば、それは本望というものです。

 

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

リストビルディング大百科が、9,800円で購入出来るのは、今だけになります。

 

いつ、定価29,800円に値上げされるかはわかりませんが、近い将来、必ず値上げされることになります。

 

このことを努々忘れないで下さい。

 

29,800円でも、異常に安いことに変わりはありませんが、今9,800円で手に入るものを
わざわざ29,800円で買わなくてもいいはずです。

 

もしかすると、僕らに「多くお金を払いたい」という奇特な人もいるかもしれませんが、そんなお気遣いは結構ですから(笑)

 

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

さて、色々と語って来ましたが、今日、この日が、あなたの人生を大きく変える記念日になることを僕らは心から、切に願っています。

 

僕らの考え、信念、世界観、などにビビッと来たのであれば、あなたはもう立派な創造的破壊の仲間です。

 

「おもしろきこともなき世におもしろく」

 

高杉晋作ではありませんが、まさに、この世に生まれたならば、おもしろく生きなければ、もったいないと思うのです。

 

そして、ビジネスとは自分だけがおもしろく生きるのではなく、他人をも巻き込み、世をおもしろくする術なのです。

 

巻き込む側、巻き込まれる側、どちらにとっても「おもしろく」在る。

 

僕らにはそんな最高におもしろそうなことが出来るのです。

 

これは、やらない手はない(笑)

 

でしょ?

 

 

 

金額特典返金保証 - 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

 

 

僕らの儲けの最大の秘密は、既に明かしてしまいました。

 

「レバレッジを利かせる」

 

ハッキリ言えば、これだけです。

 

あなたも、これだけを考えて、3〜4年ほど徹底的に試行錯誤すれば、僕らと同じような、あるいは、もっと洗練されたシステムやメソッドが構築出来ると思います。

 

リストビルディング大百科を買う必要はありません。

 

ただ、教材を買うこともレバレッジを利かせることの1つです。

 

自分で全部実践して、試行錯誤したいと言うなら別ですが、僕らはあなたよりも先に、試行錯誤をして、ネットとマスメディアを融合させたシステムを既に確立させています。

 

だから、単純に、時間と労力とお金を節約して、僕らの歩んできた6年間という時間を短縮したい場合は、この教材を買うことをお勧めします。

 

何度も言いますが、余計な努力はしなくていいのです。

 

楽をしましょう(笑)

 

僕から言えることはこれだけです。

 

では、後はあなたの適切な判断にお任せするとしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

≪追伸≫

 

いよいよ本当に最後になりましたが、実はまだまだ話したいことが沢山あります。

 

沢山ありすぎて、全てを伝えることは難しいですが、僕らが目指してきたもの、歩んできた道のり、そして、これから向かう未来、これらに共感を覚える、あるいは、何かを感じてくれたなら、それはきっと、あなたにいい影響を与えられたと思います。

 

特に、これからの時代はますます、厳しい時代になるはずです。

 

経済的なことも、また、単純に自由経済の原則から言っても、参入者が増えれば増えるほど、ごく一部の人間だけが成功し、残りは淘汰される運命です。

 

そんな厳しい世界の中で、生き残って行くには、知恵はもちろんのこと、明確なヴィジョンや、揺るぎない信念が必要です。僕らは「ビジネス」という活動を通して、楽しいことに人を巻き込んで行くこと、より良い未来を 共に作り上げて行くことをしていかなければなりません。

 

楽しくないこと、そもそも、世界にとって何のメリットもないことをやっても、誰からも支持されずに、無視されるのがオチです。

 

要は、「言い出しっぺ」として、リーダーシップを取って、率先して色々な楽しいことやより良い提案をして行かなければならない、ということです。

 

・お金を稼ぐために働く。
・生活するためにお金を使う。

 

もちろん、こんな人生も、小さな幸せに溢れていて、いいものだと思います。

 

しかし、どうせやるならば、

 

・楽しいことに人を巻き込んでお金をもらう。
・さらに楽しいことをするためにお金を使う。

 

という、自分にとっても、他人にとっても、より良い人生に繋がるような活動をした方が、楽しいと思うのです。

 

結局、生きている、ということは、楽しむことだと思います。
だとすれば、より楽しいことを目指しましょう(笑)

 

ビジネスとは、楽しいことを実現するための手法なのですから。

 

あなたは、もっと、もっと楽しんでいいのです・・・

>> 【和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科】の詳細はこちら!
和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科 - 価格キャッシュバック

和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科【顧客リスト収集方法】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール リストの集め方 教材の内容中身 金額特典返金保証